旅とは人生であり、人生とは旅である。

懸賞生活 及び、世界各国の旅をして街並み、乗り物、景色、遺跡、食べ物などを紹介するブログ。


人生も旅みたいなもの

こんばんは。


最近汗ばむくらい暖かくなりましたね。


前記事の続きになりますが、

自分はまだ世間から見て若者。

若者が人生なんて語るなよ!って思われるかもしれませんが、

現段階で感じたことを書いていきます。


人生も旅も「一ヶ所に立ち止まってはいけない、立ち止まる事は出来ない」

という事です。


この場合の「旅」というのは日帰り旅行や短期の宿泊旅行の事ではありません。
松尾芭蕉の「奥の細道」のような長期間の旅です。


一時的に一ヶ所に短期間留まる事はあっても、

いずれまた新たな目的地に向けて旅を続けます。
気に入った場所に留まってそこに住み着いてしまっては旅はそこで終わりです。


人生も同じです。
時間は止まりませんから一ヶ所に留まる事は出来ません。
嫌でも翌日に、翌月に、翌年に向かって進まなければなりません。

幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学、専門学校など、

ある一定期間が過ぎれば違う環境へ移動する。


また就職、転勤、転職、定年など環境の変化が起きる。


それが旅と同じという事です。


世の中、出会う人はみんな良い人でもないし、

人間関係でトラブルが起きることもあるのは人生と旅でも共通してます。


現在の自分は新たな目的地に向けて準備をしている段階です。

この先どうなるか正直分かりません。

未来は想像出来ても何が起きるかは当てられない。

もしかしたらとんでもない事故と遭遇するかもしれない。


仕事もそうだと思います。

新年度から就職した新入社員が、

とんでもない会社(ブラック企業)に入社した危険が待ち受けてるかもしれない。

自分はブラック企業に入社した経験があるから分かるけど、

危険だと思ったら早く逃げることをお勧めする。


旅行中、危険なエリアに長くいて良いことがあるか?

答えは”NO


危険の匂いがしたら逃げる危険察知能力が身に付いたかもしれません。


ちょっと話が脱線しましたが、

人生は本当に出会いで決まると実感します。


人間は環境に馴染む動物だと思っているので、

良い環境に入れば人格者になれて、

悪い環境に入れば抜け出せない、心が淀んでいき、

顔つきが悪くなってきます。

ですので、

人生は良い環境を見つけて尊敬する人と出会いが

自分の人生を楽しくさせることだと思ています。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。