旅とは人生であり、人生とは旅である。

懸賞生活 及び、世界各国の旅をして街並み、乗り物、景色、遺跡、食べ物などを紹介するブログ。


旅して良かったこと。

 こんにちは。 


 自分は、サラリーマンの頃、毎日夜遅くまで仕事などをしていたから、


「人生とは?」などと考えていて、 しだいに、ウツっぽくになってしまいました。


その頃は、明け方、目が覚めると、心が暗く沈んで、生きるのもイヤだし、

死ぬ気力もない、というほど落ち込んでいました。


自分は知識がなかったから、自分がウツだ、ということがわかりませんでした。


だから、医者にも行かず、薬も飲まなかったのです。


あるとき、ふとしたきっかけで、沖縄旅行に行くことになりました。


るるぶ沖縄'16 (国内シリーズ)
るるぶ沖縄'16 (国内シリーズ)
出版社:ジェイティビィパブリッシング
発売日:2015-12-07
カテゴリー:本



行くまでは、本当に億劫で、やっとの思いで、行きました。



しかし、目的地の南の国についたとたん、自分は、本当にびっくりした。


なぜなら、みんな、ものすごく明るく、


大笑いしながら生きていたからなのです。


服装も自由で、赤や黄色やオレンジ色の、


カラフルなTシャツと短パンをはき、


サーフィンをやったり、アイスクリームを食べながら、


毎日、楽しそうに過ごしているのです。


「なんだ、みんな、自由に生きているじゃないか!」  


自分は、「ボクも、みんなと同じようになりたい」、と思い、


さっそく、黄色やオレンジ色のTシャツと短パンを買って、着込みました。


自分は、すぐにわかったのです。 自分が、


今まで、「人生はつらい」などと思っていたのは、


自分で自分をワクにはめていただけなんだ、と。


それから、自分自身は、どんどん、笑顔になっていきました。


そして、自分が、笑顔になると、それにつれて、地元の人たちが、


どんどん声をかけてくれたのです。 


地元のお兄さんは、私を飲み屋に誘ってくれて、


普通の会話だけで、うれしそうにして、笑っていました。


「そうなんだ。人と人って、会うだけで楽しいんだ。」  


自分は、毎日、毎日、地元の人たちの笑い声と笑顔に囲まれて、過ごしました。


自分は、急速とまでいかないけど、自分の固かった心が、


解けていくのを感じました。 自分は、今までのヨロイを、


全部放り投げようと決めました。


自分は、朝からを食べ、昼は、海と砂浜でおおはしゃぎし、



みんなの前で、大声で、歌を歌いました。 こうして過ごしているうちに、


気がついたら、ウツは、すっかり消えていたのです。


これが、自分が旅をしてウツを吹き飛ばした経験談です。


先のことを考えるより、今楽しいことないかを探して、


毎日を楽しむことだと思いました。

人生なんくるないさー(笑)








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。